蛍光二重染色

私たちは「糖鎖病理学」の研究をしています。

研究室紹介

私たちの研究室では、癌や炎症など、さまざまな病態における糖鎖(その名の通り糖が鎖のように繋がったもの)の発現意義を明らかにするため、ヒト病理組織検体を用いた形態学的解析を中心に、分子生物学、生化学など、さまざまな実験手法を駆使しながら日夜研究に励んでいます。糖鎖生物学の視点から病気を捉え、その病因病態を解明しようとする病理学、すなわち「糖鎖病理学」の魅力を、大学院生をはじめとする多くの若い研究者と共有できたらこれに勝る幸せはありません。私たちの研究室はアットホームな雰囲気で、和気藹々としていますので、興味のある方はいつでも気軽に訪ねて来てください。

研究室の日々の様子は Facebook でご覧ください。