研究内容紹介

主要研究テーマ

糖鎖病理学(特に腫瘍微小環境,慢性炎症性疾患)(小林)

 血流中のリンパ球はリンパ節などの二次リンパ組織に帰巣し、そこからリンパ管を介して再び血流中に出て行くという再循環を繰り返しています。この現象をリンパ球ホーミングといいます。リンパ球ホーミングは多段階の分子相互作用によって精密に制御されていますが、その最初のステップは血流中のリンパ球が二次リンパ組織に存在する高内皮細静脈という特殊な血管の内腔面をコロコロと転がり、その速度を落とす反応から始まります。この反応はリンパ球上に発現している糖鎖結合蛋白質であるLセレクチンと、高内皮細静脈内腔面に発現している硫酸化シアリルルイスX糖鎖との相互作用によって惹起されます。このメカニズムは生理的なリンパ球ホーミングのみならず、種々の慢性炎症性疾患におけるリンパ球浸潤にも関与しています。私たちはこれまでに慢性ヘリコバクター胃炎潰瘍性大腸炎自己免疫性膵炎といった消化管の慢性炎症性疾患では高内皮細静脈様の血管が誘導されており、その血管内腔面に発現する硫酸化シアリルルイスX糖鎖がこれらの疾患の病態形成、活動度に関与していることを報告してきました。活動期潰瘍性大腸炎では、腸管関連リンパ組織の高内皮細静脈に特異的に発現しているMAdCAM-1が硫酸転移酵素GlcNAc6ST-1を介した硫酸化シアリルルイスX糖鎖の修飾を受けていることも報告しました。また、慢性ヘリコバクター胃炎をその発生母地とする粘膜関連リンパ組織型悪性リンパ腫で誘導される高内皮細静脈様血管には主としてコア2分岐型O-グリカン上に(硫酸化)シアリルスイスX糖鎖が提示されていることを明らかにしました。このようにLセレクチンリガンドである硫酸化シアリルルイスX糖鎖は種々の慢性炎症性疾患の病態形成に関与しており、この分野におけるさらなる研究が望まれます。
 最近は、種々の癌における(硫酸化)糖鎖の発現意義についても研究を行っています。大部分の膀胱癌症例の腫瘍間質には高内皮細静脈様血管が誘導されるとともに、約20%の症例では癌細胞も硫酸化シアリルスイスX糖鎖を発現していることを報告しました。ごく最近では、肝細胆管細胞癌で形成される腺管内腔面に硫酸化シアリルルイスX糖鎖が線状に発現しており、細胆管細胞癌の組織診断マーカーとしての可能性を示しました。

感染症の新規診断法とオートプシーイメージング(法木)

准教授の法木は、感染症の新規診断法オートプシーイメージング(Autopsy imaging)に関して研究を行っています。感染症の新規診断法として、一つは白癬に対して、石田久哉(いしだ皮膚科クリニック)と東洋紡(株)と共同で、新しく作製したモノクローナル抗体を用いたイムノクロマトグラフィー法による簡易診断法を開発しました。現在(2015年3月)、JNC(株)が主体となって、薬事法による診断薬を認可を得るため治験を進めています。また、感染症のPETイメージング剤の開発に関しては、稲井邦博(分子病理学)、岩崎博通(内科学)、藤林靖史(高エネ研)と候補となる化合物を見出し、さらにこの化合物の合成および、動物感染モデルでのPET画像化の研究を井戸達雄、清野 泰、ミゲル(高エネ研)らと行っています。また、解剖の前にご遺体のCTまた、MRIを撮影するAiに関して、その病理像と画像と対比の検討や死因の一致率などの検討を行っています。